自宅や職場から近い、知り合いに紹介されたなどの理由で、行きつけの歯科医院を選んでいる人はたくさんいます。
何度通っても治療が終わらないなどの不満を抱えていても、良い歯科医院の見分け方がわからなければ、他に探すのは簡単なことではありません。
歯科医院は他にもたくさんありその選択は自由ですが、他で治療にかかって気に入らなかった場合、元の歯科医院に戻りにくくなり、いわゆる歯科難民になってしまうこともあります。

歯科医師も同じ人間なので、人柄や患者さんとの相性もあります。
歯痛があっても訴えを聞いてくれないことや、一度きつい態度を取られたので怖くて言えないということもよくあることです。
また、虫歯予防や歯磨き指導をしてくれる歯科衛生士の人柄や患者さんとの相性も大切です。

基本的なことですが、良い歯科医師は患者さんの訴えを時間をかけて聞いてくれます。
特に初回の診察時間はその歯科医師を判断するポイントになります。
歯痛が改善しない原因は、診断を間違えているか治療を間違えているかのどちらかだと言われています。
その判断を誤らないためには、患者さんの話を聞いたりコミュニケーションを取る必要があります。

また、歯痛部分をすぐに削らない歯科医師は良いと言われています。
歯は削れば削るほどもろくなるからです。
どうしても削る必要がある場合は、拡大鏡をのぞきながら虫歯の部分だけを上手く削り、削る必要の無い部分はきちんと残してくれる歯科医師が良いです。

さらに、歯科衛生士が治療前に口の中をクリーニングしてくれるところは良い歯科医院です。
汚れがある状態で治療すると、治療の成果が上手く現れないこともあるからです。

歯科医師だけでなく受付の対応にも注目すべきで、電話対応の態度や言葉遣いに失礼があれば、患者さんとのコミュニケーションへの配慮に欠けており、その教育を怠っていると言えます。
歯科医師の治療が良くても、その周囲のスタッフの態度によっては、患者さんは不愉快な気持ちになることもあります。

選ぶ時に考えてしまう歯科医院でかかる治療費ですが、保険適用内の治療であれば国が定めた診療報酬に基づいて請求されるので、初診料や各治療代はどの歯科医院でも同じです。
その日の治療メニューによって毎回金額が異なっているだけですので、治療費は歯科医院を選ぶ指標にはなりません。
保険適用外の治療は自由診療で料金の幅があるので、それぞれの歯科医院の特徴が出やすい部分ではあります。

歯科医院を変えるのは勇気がいりますが、自分の歯の健康と気持ち良く治療を受けるためには、より良い歯科医院を探すことがとても大切です。