歯医者で虫歯を治療した後はプラスチックや銀の詰め物を削った穴に詰めますが、毎日の食事で酷使されるために経年劣化は避けられないのが事実です。
その事に気付かずに放置していると二次虫歯を引き起こし、削った穴が大きくなると詰め物では対応できないので被せ物を選択する必要に迫られます。
こうなる事を防ぐためには虫歯や歯周病の自覚がなくても定期的に歯医者さんで検診を受け、異常が見つかったら痛みがなく軽いうちに治す習慣を付けたいものです。
虫歯が小さいうちなら詰め物も小さいサイズで済みますので、もし再治療が必要になった際も被せ物になる確率を下げる事が出来ます。

詰め物の劣化に気付くのは歯から外れてしまった時が多いですが、原因が詰め物や接着剤の劣化のみであれば作り替えや再度接着するだけで治療が終了する事もありますので早めに歯医者さんで診てもらうことが大切です。
詰め物が外れた歯は虫歯になりやすいという特徴があるため、痛みがないからと治療を先延ばしにすると被せ物になったり、場合によっては抜歯になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

再治療の際にはどうしても前より多くの歯を削る必要があり、この事から将来的に詰め物は被せ物に代わると言われているのですが、歯の寿命や噛み合わせの面を考えてなるべく詰め物で治療するという方針の歯医者さんも存在します。
こうした歯医者さんは歯を削る量を最小限に抑える目的でルーペや顕微鏡を使用しているため、手間や時間がかかることから自由診療であるケースが多いですが、中には健康保険で精密な治療を提供している歯医者さんもあります。
被せ物のデメリットは異物感が大きく噛み合わせに慣れるまでに時間がかかる事や、セラミックなどの自由診療を選択した場合は特に治療費が高額になる事です。
またトラブルが起きた時に再治療が不可能で抜歯になってしまうケースが詰め物と比較すると多いので、なるべくなら避けたいものです。

素材の選択も長持ちする詰め物を入れるためには大切で機能性を第一に考えるなら奥歯の噛み合わせ面には金が最適だと言われています。
金は柔軟性に富んでいて噛み合わせる歯にも優しいですし、精密な詰め物を作る事が出来るので二次虫歯になるリスクも減らす事が出来ます。
しかし、どんなに良い素材で精密な詰め物を入れたとしても劣化は避ける事が出来ないので、痛みや脱落などの症状がなくても定期的に歯医者さんでチェックしてもらう事をおすすめします。