歯に痛みがあると、虫歯があるのではないかと思ってしまいがちですが、実は原因は他にもあります。
その中でも特に知られていないのが、口内にある金属によりガルバニー電流が流れていることです。
ガルバニー電流とは、聞きなれない言葉ですが、金属同士が唾液などを介して接触する際に流れる微弱な電流のことを言います。
アルミホイルや金属のスプーンなどを意図的に噛むと、しびれるような痛みを感じることがありますが、これがガルバニー電流です。

電流というのは、異なる金属の電位差で生じるものですが、口内には唾液という水分が存在しているため、ひとつの金属の種類だけでも発生することがあります。
口の中を見てみると、銀歯が目立つという人は多いです。
銀歯は銀でできていると思っている人が多いですが、実は銀だけでなくパラジウムやアマルガムなど複数の金属が使われています。
パラジウムやアマルガムは金属イオンとなり、微電流が流れるだけでなく、お互いの金属をサビさせてしまう原因にもなります。

人体にはもともとわずかな電流が流れています。
脳はその電流で身体をコントロールしているのですが、口の中にある金属が電流を流してしまうと、脳からの指令が混乱してしまい人体に悪影響が出るでしょう。
例えば、頭痛や関節痛というのは比較的よく見られる症状です。
体の疲れやイライラといった精神的な影響も出るのですが、多くの人がまさか原因が口の中にあるとは思わず、放置してしまいがちです。

しかし、新しい銀歯を入れてから歯に痛みが出るというケースはガルバニー電流の存在が明らかになりやすい状態です。
今まで上の歯にしかなかった銀歯が、下の歯にも入ることで電流が流れやすくなり、痛みとして感じられるからです。
虫歯を削って銀歯にしたのに痛みが出るということで、虫歯が取り切れていなかったり、再発したのではないかと考える患者さんもいます。

もし、ガルバニー電流による痛みを感じたら、金属を口の中から除去することで治すことができます。
外したままでは噛むことに支障が出てしまうので、金属を使わない素材によって詰め直すことになります。
使用できる材料としては、プラスチックやセラミック、人工ダイヤモンドなどがあります。
一見プラスチックなどの白い素材であっても、内側に土台として金属が使用されているケースも少なくありません。
そのような場合は、レントゲンを撮影することで、口内に金属があるかどうかを調べることができます。