ガミースマイルとは、笑って歯が見えた時に上あごの部分の歯茎が大きく露出してしまう状態のことを言います。
笑顔になった時に歯茎が見えすぎるのは、人によってはコンプレックスになってしまい、人前で笑顔になるのをためらう原因にもなります。
自分はガミースマイルかもしれないと思った時には、矯正歯科で相談してみるのがおすすめです。

ガミースマイルになってしまう原因には、上唇の筋肉や骨格、歯並びが関係していることがあります。
上の唇を持ち上げる筋肉が強すぎて唇が大きくめくれあがり、歯茎が大きく見えてしまうタイプの人はその筋肉を弱める薬剤を注射する治療によってガミースマイルを治すことが可能です。
なお、このタイプだと注射を打つだけで対処出来るのがメリットになりますが、時間が経つと薬剤の効果が切れてしまいまた打ちなおさなければならないという点がデメリットとなります。

次に、骨格に問題がある場合では、上あごの骨が過剰に発達していて前方向や垂直方向に長くなっている場合にガミースマイルが起こりやすくなり、骨切り手術を受けることが改善方法として提案される場合があります。
骨切り手術は一度行えば元に戻ることが無い点がメリットですが、顔の印象が大分変わってしまうこともあるため、治療を受ける前にはよく検討した方が良いと言えるでしょう。
矯正歯科の歯列矯正での治療が効果的となるガミースマイルの人は、骨格や歯並びが原因となって笑顔になった時に歯茎が大きく見えてしまいます。
つまり、上あごの骨や歯が下あごよりも前に出ている、いわゆる出っ歯の人がガミースマイルになりやすいということです。
矯正歯科でガミースマイルについて相談し、歯並びを直すことで笑顔になった時に歯茎が見えすぎないように出来ると診断されたら、矯正治療を受けると良いでしょう。
矯正歯科の歯列矯正でガミースマイルを治すのであれば、同時に歯並びの悪さや噛み合わせの悪さも改善出来るので、食事がしやすくなるなどのメリットも得られると考えられます。

ところで、ガミースマイルは子供にも見られる症状で、子供がこの状態を治したい場合はあごの成長発育を利用した矯正治療を使って改善を目指します。
大人の場合は歯科矯正用アンカースクリューを上あごの歯茎に埋め込み、それを支点として歯を動かして位置や噛み合わせを治し、ガミースマイルの改善をしていく方法が利用可能です。
ガミースマイルは人によって最適な治療法が違うため、まずは矯正歯科を受診して自分に合った改善方法を提案してもらってはいかがでしょうか。